クレジットカードで損をする前に

クレジットカードを作った後に使い方を間違えて後悔をする日々を送る方がいらっしゃいます。金融機関は簡単にカードを作ることが出来ると広告を出していますが、その言葉だけを見てカードを作ろうと思い立ってはいけません。ここでは後悔する理由の中から、カードをただ作っただけで損をする場合と、使い方を間違えた場合の2パターンについて考えてみましょう。


●クレジットカードは持つだけでお金がかかる場合もある

最近は年会費無料のクレジットカードが主流になってきているので、持っているだけで損をしてしまうようなカードは減ってきています。しかし、便利な機能や様々な保険などのサービスを追加すると、月単位や年単位で固定費を払うことになるのです。カードを作る際に窓口で甘い誘惑にのせられ、沢山のオプションを付けてしまったら運のつき。ただ作るだけで年間何万もの金額を支払うまで至る場合もあります。
<<関連記事>>審査なしが魅力のデビットカードとの違いは?

ここで気を付けることは、しっかり自分の計画を明確にしておき、誘惑に乗らないことです。無人機やインターネットでも手軽に申込みをすることが出来ますが、キャンペーン期間だからと言って色々つけた方が得だという言葉も目にします。不必要なものはしっかり拒否し、損をしないように気を付けて申込みをしましょう。


●使い方を間違えたら損どころの騒ぎではない

目的通りのクレジットカードを作った後は、計画通りに利用しなければなりません。よく、カードを使った際に欲しいものが手に入り、自分のお金が増えた錯覚に陥る方がいらっしゃいますが、それは本当に錯覚なので勘違いしないように気を付けて下さい。

クレジットカードをどのような目的で作るかにもよりますが、その目的以外で使おうとしてしまうと、請求金額が多くなり過ぎて支払えなくなってしまう場合があります。細々とした買い物で利用しポイントを貯めるというのも一つの目的ですが、そのような場合はそのカードでは大きな買い物はせず、月の使用金額を自分で設定して利用することをおすすめします。

クレジットカードは審査が甘いものもあります。何故なら金融機関にとっては、利用者が増えてくれる方が嬉しいからです。窓口やインターネットで甘い言葉を載せているのもそのためなのです。しかし、使い方次第でとても便利に、自分の生活を潤わしてくれるアイテムであることは間違いありません。作る時に気を付けることと作った後に気を付けることを念頭に置き、クレジットカードを使いこなせる自分を目指しましょう。