信用情報って何?

審査の際にカードに申込書を提出しますが、その書類に書いてあるご自身の情報はどこに行くかご存知でしょうか。その個人情報は契約先のカード会社ではなく信用情報機関に送られ管理されます。

098178

クレジットカードの契約書にも書いてあるこの信用情報とは一体何のことなのかをご紹介致します。


信用情報とは何か

お金は個人の財産でありとても大切な資産です。そのお金を直接やり取りして商売をするということは、相手同士を信頼してお金を預けたり貸したり返したりすることになります。その「信用するための証拠」となるものが信用情報です。この人は過去にこのようなお金のやり取りをしたことがあり、このようにそのやり取りが終わっている等詳しい情報が記載されています。客観的取引事実と言いますが難しいので噛み砕きますと、要するに「誰が見ても分かるその人とお金の履歴」ということです。

こうした大切な情報を取り扱う会社のことを「信用情報機関」と言います。クレジットカードや株などを取り扱う金融機関はこの信用情報機関の中の一つと契約して情報を送ります。集まった情報をまとめて管理することでクレジットカード会社も利用する契約者側も安心して相手を信用することが出来るようにしています。


クレジットカードとの深い繋がり

クレジットカードはカード会社が契約者にお金を先に渡し、後から借りたお金を契約者が返すという取引をしています。会社はその人にお金を貸していいのかどうか判断するために審査をしますが、ただインターネットや申込書に書かれているものだけを見ても判別出来ない部分があります。それが「過去の借り入れ状況」です。

093992

カード会社が一番知りたい情報がそれであり、この人に貸してお金がしっかり返って来るかというかを判断するために必要な情報ですが、各会社が独自に保管しているだけでは新しい情報を手に入れることがとても難しいのです。そこで各カード会社は自分の会社が登録している情報機関に申込書に記載された情報を預けて管理してもらい、他の会社も確認出来るようにしています。

ただ簡単にクレジットカードを作るためだけに書くように見える申込書ですが、実はお金についてこの人はどのような対応を今までしてきたのかという「通信簿」と照らし合わせるものなのです。


099244

信用情報は単に金融機関のみが見ることを許されているものではありません。信用情報機関のホームページにアクセスすれば自分の情報を見ることが可能です。情報を見るには手数料がかかる場合もありますが、これからカードを作ろうと考えている方や一度落ちてしまって不安な方はご自分の情報をまず確認してみるのも良い手です。安心してクレジットカードの申し込みが出来るようにまずはパソコンで情報をチェックしてみましょう。


次へ>審査なしが魅力のデビットカードとの違いは?