審査なしが魅力のデビットカードとの違いは?

クレジットカードをインターネットで検索するとちょっと顔を出すのがデビットカードという言葉です。このカードは審査をせずに作ることが出来、初めてカードを持つ方にとても選ばれているカードです。学生の方や専業主婦の方でも気兼ねなく契約することが出来ます。

ここではそんなデビットカードとクレジットカードの違いについてご紹介致します。
093992


デビットカードとクレジットカードの違い

デビットとは「借り方」という意味で使ったその場ですぐに決済されるというタイプのカードです。プリペイドカードはそのカード自体にお金をチャージし、3,000円分チャージしていれば3,000円分のお買い物をすることが出来ますので事前決済です。クレジットカードは借り入れ金額として100万円の契約をしたら100万円までお買い物をすることが出来ますが、後から来る支払日に支払方法に沿ってお金を渡す事後決済となります。
そしてデビットカードは銀行にある自分の口座と直結しているカードとなるため、その場で口座から現金が引き落とされる即時決済という方式になるのです。

ご自身が口座をお持ちの銀行で契約をすることが出来、基本的に審査はありません。自分が持っているお金をそのまま使うため、お金を使いすぎてしまうことはありません。手数料無料で用意している金融機関もあるので、現金を持ち歩きたくないと考えている方にとてもおすすめのカードです。
062032


どのカードが自分に合っているのか

プリペイドカードとデビットカードは自分が持っているお金をチャージ又は口座に用意しておく必要があるため、手持ちのお金をうまく運用したいと考えている方に向いています。しかし冠婚葬祭などの今管理している現金だけでは対処し切れないという時が来た場合にはクレジットカードが力を発揮するのです。
今はカードで公共料金や携帯電話料金などの支払いをしてそのまま金額に応じたポイントも取得出来るため、クレジット機能のあるカードは一枚持っていた方が得する結果になります。


デビットカードは自分の口座にあるお金をそのまま使用出来、即時決済で金利などの心配もなく審査もないので誰でも簡単に作ることが出来ます。クレジットカードは事後決済で後から支払いをすることになりますが大きな出費に対応することも出来、ポイントを貯めることで通常通りに公共料金の支払いをするより得をすることが可能です。
銀行にあるお金だけではなくいざという時に借り入れ出来る余裕を持ったお金の運用方法にはクレジット機能のあるカードがうってつけとなります。現金を持ちたくないという方にはデビットカードを、気持ちにゆとりを持ちたい方にクレジットカードをおすすめします。


次へ>即日発行のクレジットカードがある!